忍者ブログ
なにかがあったら書きます。書きならべます。 毎日更新するように心がけます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近いじめの記事のアクセス数が多いようです

ぃじめについて
「見てみぬふりも加害者」というがこれは綺麗事が大好きな現実を分かっていない適当な奴が言うことである。

(以下公立ならの話)
まあ教師によってはきちんとした対応をすることもある。
しかし、僕の経験からすると有り得ない
教師に言っても対策は講じない。
(いじめの原因とか)
教師が原因→これが多いのではないでしょうか。だいたいのとき、イジメは小1から始まることがおおいとおもう。まだはじめの方だからいじめるのも勇気がいるので一旦マーク。で、先生が「声がちいさいよ」とか言うとそれを期にいじめが始まる気がします。
勝手に→まあ自業自得ですわな。

(対策やら)
いじめなんか簡単なことから始まるような気もします。
先生が「いつも宿題忘れとるなぁ」と言うだけで10年も20年もあとにひくことになるかもしれません。
それをかんがえると教師もそんなしょうむないことを言ってないで対策をしてあげるほうがよっぽどよい。
例えば一週間の持ち物をリストアップして毎日みれるようにするなり授業に仮説実験授業を取り入れるなどといった対策はできるはず。
こんな努力もしないで成績悪すぎだの忘れ物しすぎだの言い、最後にはやる気ないだろなんて発言するのは有り得ない。
そりゃその生徒が受験しているなら別だが。
こうすると教師が原因のいじめは減るとおもう。
逆に生徒のいじめを発見する方法を考えるひとがいる。
この対策は学校中に盗聴器をつけない限り無理だと思う。
そもそもいじめがおこる学校と云うのは殆んどが皆公立の中学にあがる場合が多いようだ。
戻って、学校中に盗聴器を仕掛けるなど不可能だ。ならばどうするか。
教師が廊下の角からひょいと現れるとよい。はやあるきで教室に向かう。
するといじめを目撃出来るかもしれない。
まあ最近の教師はイジメを発見しても一度注意したらそれも口だけで直るわけがない。
きちんとチェックして見守るべきだ。それも交代で密かに見ておくというくらいしかないと思う。
まあ結局、イジメを食い止めることも消すことも無理ということだ。
まあ今の都会の中学をみればわかるが大抵1/2はいじめやハミゴの経験があるとおもう。
現に僕も小1の時に暴力がらみのいじめが起きた。まあ2年からは権威が確立したのでなんの心配もなかったのだが…。
1年のときもそういえば先生に言っていない。チクりにもなるし親にばらされるからだ。やはり皆恥ずかしいであろう。
結局、気が弱い人間はつぶれ、全体的に強い人間は強くなるのである。
ただ、気が弱くとも勉強さえすれば将来きっと逆転するだろう。
いくら強くても金にはかえられない。
スポーツといっても文化系の人間が出す金でできている。スポーツはスポンサーがいなければできないのである。
その点、勉強はノートと鉛筆と教科書があればできるのである。
いじめさえ勉強しながら乗り越えればおそらくいい未来がくる…かな

おお2521バイトだ(関係無
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
見てみぬふりも加害者ってわけわからんなぁ
教師に密告したらいじめの対象が自分にかわるかもしらん
それをわかってないやつはチクるんやな

sportsは体があればできます。
スポンサーとかはまぁプロの世界やね
kome 2006/11/30(Thu)21:13:19 編集
» Re:無題
まあ将来の話ってことです(職業の面で)
2006/12/02 20:26
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2020/03 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
大ちゃん(dai)
HP:
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
鉄道、パソコン
自己紹介:
誕生日=1993・04
京都の学校に通ってます。
クラブはESS部だけ。
もはや帰宅部
あと、信者宗研という怪しい
集まりの責任者でもある。

マイコン同好会に復帰しよ
うかとも考えたが、ESS部
の新聞発行全般を任せら
れて、信者宗研の責任者
でもあるため、文化祭が
やばい→やめた
忍.jpの部品
あなたは 人目のお客様です。

※この値は2006年3月1日からの来客者数です。

あなたは延べ 人目のお客様です。

※この値は2007年10月1日からの延べ人数です。

ブログパーツ


Copyright © [ 大ちゃんのブログ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]