忍者ブログ
なにかがあったら書きます。書きならべます。 毎日更新するように心がけます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは、眠たいです。

唐突ですが、大学生になってアニメを見ても主人公が高校生でウハウハしてるだけで、どうもリアリティがなくてつまらないと感じるようになったことありませんか?

・・・ありませんか。


私は浪人時代もしっかりとアニメを見ておりました。なにせ入試のシーズンである今年の1~3月期にも11本/週を記録する程度にはアニメが好きでした。

それが今はどうでしょうか。確かにレコーダーには、4月初頭、つまり大学生にはまだなっていない時期に予定した16本/週が録画されているのですが、見たアニメはたったの2本。それも両方1話止まり。

もちろんこの二本は今期の本命なので2話以降もしっかり見て行きたいとは思っているのですが、どんどん溜まってます。

とは言いながら、4月に入ってからアニメ映画は2本も見ているので、決してアニメが嫌いなわけではないです。2本の内訳は「花咲くいろは」「STEINS;GATE」で、前者は雰囲気が気に入ってるので嫌になりませんし、それどころかもう一度見に行きたいと思っているほど好きです。後者については主人公が高校生でないので冒頭の根拠でのつまらなさというのは当然無く、ここでは相応しくないかと。

そういえば3月までやっていたアニメでは「氷菓」が好きでした。世間の評判はイマイチでしたが、浪人で荒んだ私の心にはあのアニメこそが精神安定剤の役割を果たしていたような気がします。
見ると心が落ち着くのです。それで、二回ずつ見てました。

アニメを語ってもしかたがないのですが、大学生になって急に価値観が変わった気がします。浪人時代は「浪人してた頃のことなんて忘れねぇだろww」とか思ってたのですが、いまでは浪人時代の憂鬱な気分もはっきりとは思い出すことができません。
ただ、「(浪人時代は辛かったなぁ・・・)」という漠然とした思い出が塊のようになって残っているだけです。

高校生から浪人生になった頃にはさして大きな心理的変化はなかったので、やっぱり浪人生から大学生への過渡期には精神構造が大きくトランスフォームするようです。

最近はいろいろ楽しくて仕方がありません。相変わらず大学では大して友達は出来ないのですが(爆)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
大ちゃん(dai)
HP:
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
鉄道、パソコン
自己紹介:
誕生日=1993・04
京都の学校に通ってます。
クラブはESS部だけ。
もはや帰宅部
あと、信者宗研という怪しい
集まりの責任者でもある。

マイコン同好会に復帰しよ
うかとも考えたが、ESS部
の新聞発行全般を任せら
れて、信者宗研の責任者
でもあるため、文化祭が
やばい→やめた
忍.jpの部品
あなたは 人目のお客様です。

※この値は2006年3月1日からの来客者数です。

あなたは延べ 人目のお客様です。

※この値は2007年10月1日からの延べ人数です。

ブログパーツ


Copyright © [ 大ちゃんのブログ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]