忍者ブログ
なにかがあったら書きます。書きならべます。 毎日更新するように心がけます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京都駅からウィラーバスターミナル大阪梅田を経由して大阪南港のかもめフェリーターミナルまでを結ぶウィラーエクスプレス南港線が、昨年(2014年)の9月30日をもって廃止となりました。


廃止のお知らせ

同年の春に乗車した際には記事にもしましたが、それから半年程度で廃止になってしまったのは寂しい限りです。

大阪周辺には高速道路を通って、片道1時間ほどの「高速バス」がいくつか開設されており、たとえば京阪バスの京都駅~なんばOCATを結ぶ直Q京都号などがありますが、この南港線も京都駅~WBT大阪梅田の区間利用ができ、そういう意味ではこういった「高速バス」の一つとみなすこともできるんじゃないかと思っていました。

そういう見方しかしてませんでしたので、終点のかもめフェリーターミナルまでは乗ったことが無かったのですが、最終運行日となる9月30日も夜から京都でバイトがあったため、結局乗り通さず仕舞いとなってしまいました。

京都駅へ

最終日ということで、南港線に乗車しようと京都駅へ向かいました。 前回乗車した際は発車時刻直前にアバンティ横から左折してやってきたのですが、今回は随分前から近くで待機していました。

京都駅4番

ここは「京都駅八条口4番」という停留所で、7月末のウィラーエクスプレスのダイヤ改正で設置された模様です。それを機に、なのかは知りませんが、どうやらここで待機に変更になったようですね。

運転席
デウの運転席です

車内

今回はリラックスとプレミアムのコンビ車がやってきました。最終運行日ですが、乗客は僕1人でした。 ”今回は”と書いたのには訳があって、この1ヶ月と少し前にも、南港線に乗車しているのですが、この時は別のシートでやってきました。

8月の話

ネオスタンダード

8月に乗車した時は「Neoスタンダード」というシートが装備されたデウがやってきました。ナンバーは堺200 か437。

先のリンクにあるプレスリリースによると、「当初の「Neoスタンダード」搭載車両は2台で、今後、運行路線の拡大を図りつつ、全路線において順次「スタンダード」から「Neoスタンダード」への載せ替えを行っていく予定です。」となっていますが、どうやら予定は変更になったようですね。

一応このシートに座った話をしておくと、現行の「シアター」とそっくりだな、という印象です。 クッションの形も、センターアームレストの感じも、リクライニングを動かすときのあの感じも、そっくりシアターのそれでした。

本題へ戻ります

プレミアム

さて、4月に乗車した際は前方の「リラックス」に着席しましたので、今回は後方の「プレミアム」へ。 ツアー時代は「プレミアム」として使用された、「2+1列」の幅広シートですが、いまやウィラーエクスプレスで見ることは(たぶん)なく、私の大好きなシート「ニュープレミアム」にその役目を譲ったのでしょうか。

リクライニング

フルリクライニングした状態です。悪いシートだとは言いませんが、「ニュープレミアム」に比べると圧倒的に・・・。

大阪梅田

大阪梅田

WBT大阪梅田に到着したデウ 堺200 か313。 僕を降ろした後、このバスを見ながら、運転手さんと誘導員さんがお話されていました。

運転手さんも「この車があったからいままでやってこれたんやなぁ」などと感慨深そう。

というわけで、最終運行日でしたが、バイトのため、このあと僕は京都へトンボ返りしたのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
大ちゃん(dai)
HP:
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
鉄道、パソコン
自己紹介:
誕生日=1993・04
京都の学校に通ってます。
クラブはESS部だけ。
もはや帰宅部
あと、信者宗研という怪しい
集まりの責任者でもある。

マイコン同好会に復帰しよ
うかとも考えたが、ESS部
の新聞発行全般を任せら
れて、信者宗研の責任者
でもあるため、文化祭が
やばい→やめた
忍.jpの部品
あなたは 人目のお客様です。

※この値は2006年3月1日からの来客者数です。

あなたは延べ 人目のお客様です。

※この値は2007年10月1日からの延べ人数です。

ブログパーツ


Copyright © [ 大ちゃんのブログ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]