忍者ブログ
なにかがあったら書きます。書きならべます。 毎日更新するように心がけます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4月8日月曜日の授業開始からはや一週間が経とうとしています。

初週は思ったよりも長く感じられました。去年体験した駿台の初週なんてあっという間に過ぎ去ってしまったというのに。


人生の体感速度の折り返し地点は二十歳とかその辺りにあるとどこかで聞きました。おそらく正しいのでしょう。

駿台の平野先生(英語科)も仰るように、小学生の六年間は異常に長かったように感じられます。それなりに充実していたはずなのに、です。

僕の小学校生活は低学年の頃は友だちと放課後にゲームボーイで遊んだり公園で遊んだりと平凡な小学生ライフを満喫していましたし、高学年になると中学受験のために小学校が終わるとすぐに塾へ行って友達とワイワイ雑談するという日が増えるようになりました。これも帰りの電車内で友達とお菓子を食べたり喋ったりするのは楽しかったですし、塾の内部でも友達とはしゃいだりしていて、辛いということは無かったと思います。
なぜか馬渕教室時代は自学習を一切せずとも宿題さえこなしていればある程度テストの点数も取れたのですが、今思うと不思議でなりません。僕はもしかしたら天才の卵だったのかもしれません。

中学に入るとマイコン同好会という何やら怪しげでギークな同好会に入会し、毎日授業が終わるとクラブ室に行って無為に下校時刻までを過ごすようになってしまいました。そういう意味では小学校六年間のほうが遥かに充実していたはずなので、充実度で時間の感覚が変わるということでは無いんじゃないかなと思います。

やはりこの話になると思い出すのが本川達雄著『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書刊)である。小学生の時に読んだ本であるが、余談としてはこの本の著者紹介欄で東京工業大学という大学を小学生のうちから知ることとなった。勿論それほど難しい大学だとは知らなかったが、すごい先生がいる大学なんだな、程度には知っていた。

この本では動物の身体のサイズと体感時間との相関関係についての話も出てくるのだ。これを根拠とすれば小学校の六年間が長かったように感じられるのは身体のサイズが小さかったせいだということになる。僕はこの説明でわりと納得している。


そして大学生になった僕、である。これから四年間は本当にあっという間に過ぎ去ってしまうと色々な方から言われるが、僕は一人ぼっちの寂しい大学生活をエンジョイしているので、それほどあっという間には過ぎないのではないかな、と思っているのだがこれすらも間違った考えかもしれない。なにせ身体のサイズはでかいのだから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2020/03 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
大ちゃん(dai)
HP:
性別:
男性
職業:
学生
趣味:
鉄道、パソコン
自己紹介:
誕生日=1993・04
京都の学校に通ってます。
クラブはESS部だけ。
もはや帰宅部
あと、信者宗研という怪しい
集まりの責任者でもある。

マイコン同好会に復帰しよ
うかとも考えたが、ESS部
の新聞発行全般を任せら
れて、信者宗研の責任者
でもあるため、文化祭が
やばい→やめた
忍.jpの部品
あなたは 人目のお客様です。

※この値は2006年3月1日からの来客者数です。

あなたは延べ 人目のお客様です。

※この値は2007年10月1日からの延べ人数です。

ブログパーツ


Copyright © [ 大ちゃんのブログ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]